ブログ

怒り方にはプラスの波動とマイナスの波動があります

2020年03月24日

怒って喧嘩をする

それは人間誰しもあることです
ただ、その内容で天と地ほどの開きが出てきます。
ただ罵るだけ
それは自分に必ず返ってくるものです。
正しい怒り方というのは、いかに人を納得させるキーワードが入っているかです。
わかってもらおうという気持ちが怒りの中にあるのは正しい怒り方と言えるでしょう
そこには根底に正義などのプラスのパワーがあるからです。
しかし、ただ人を馬鹿にする言葉を言うだけの人間というのは、一見相手にマイナスエネルギーをぶつけてるようですが、実はそうではなく自分に向かって唾を吐いているようなものです。
このマイナスなパワーは、必ず何倍にもなって自分自身に跳ね返って来ます。
正論
自分の信念を通す
相手にわかってもらおうとする
そういったものは逆にプラスの波動があり、説得力というものが生まれてきます。
怒ることはその人の本性が出ます。
プラスの波動に満ちた人間なのか
はたまたマイナスな人間なのか。
それが明らかに分かるのは怒りというものです。
時には感情を爆発させてストレスを発散させて、自分の言い分を強く伝えるということでは有効的ですが、
間違えた使い方はしないようにしましょう。

19-03-11-21-13-35-532_deco

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
PureRose
http://miya-arisa.com/
住所:埼玉県春日部市東中野
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

TOPへ戻る