ブログ

自分が原因を作ったくせに、悲劇のヒロインを装って人のせいにするのが上手い人への対処法

2019年03月12日

 

【 自分が原因を作ったくせに、悲劇のヒロインを装って人のせいにするのが上手い人への対処法 】
ええ、そんなのいるの?!と疑いたくなりますが男女問わずそういう人はいるものです。
普通の正常な人だと自分に原因があれば謝る、そして解決というシンプルな道を辿るだけなのですが、自分のせいで相手を怒らせてその相手が激怒するとその激怒された時の発言に対してひどい‼️と悲劇のヒロインになるのです。
いやいや、原因はお前でしょ、と当然相手は言うわけですがそれで話が終始がつかなくなります。
そういう人は何を言っても説得しても無理なので、はいはい、そうですね、と悔しくても一枚上手になってなだめることが無難です。
そうすると、事が収まるばかりでなくその人は自分に原因があるかもしれないとうっすら頭に浮かぶようになるのです。人の心理が見える私にはその脳内が見えますね。
仮にその人が謝れないとしても確実に自分の脳裏に原因を作った自分が浮かびますよ。
それまでは相手から言われたことをこだわるのですが、それが相手に謝ってもらったことでスッキリするので、残るは自分が原因を作ったことという事実だけになります。
その事実を相手に残させる作業ということです。
折れるのは腑に落ちないかもしれませんが一番スマートかつシンプルに相手にわからせる方法はそれなのです。
何度も言いますが、先に原因作ったのは、あなたでしょうと言っても絶対に認めませんからね。
是非、機会があったら試してみてくださいね(^0^)
そんな機会あんまり持ちたくないですけどね(笑)
19-03-11-21-07-44-696_deco

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
PureRose
http://miya-arisa.com/
住所:埼玉県春日部市東中野
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

TOPへ戻る