ブログ

求める愛と実際の相性は違うこともある

2017年04月21日

 

こんばんは.+*:゚+。.☆
占い師の宮ありさです。

今回は、愛の相性について述べましょう。

愛には、発する愛と受動的な愛があります。

その二つは異なる性質のものであり、過剰な愛情表現をする人は、発する愛が強くて自分の熱い気持ちはあるけれど、相手を思いやる気持ちという方面の愛は欠如している傾向にあります。

一方、気持ちは表さないけれどこちらの意見を飲んでくれる人は受動的な愛が強く、前者のような愛情表現は足りない傾向にあります。

引っ張って欲しい人、相手に合わせたい人は前者が良くて、自分をありのまま出したい人は後者と相性が良いでしょう。

情熱的な気持ちを出して欲しいけれど、自分を強く持っている人は、互いに主張が強いのでやがてぶつかります。物足りなさはあっても合わせてくる人とのほうがしっくりくるものです。

求めるものと実際の相性は別だったりするのですから、相手の愛がどんな傾向にあり、自分はどんな人間かを把握すると、バランスの良いパートナーとお付き合いをしていけますよ.+*:゚+。.☆
(*´ω`*)

 

IMG_20170403_111439_183

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
PureRose
http://miya-arisa.com/
住所:埼玉県春日部市東中野
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

TOPへ戻る